家のリフォームをすることになってから、壁をどんな柄にするのかを考える段階になりました。
どんな壁紙が良いのかを考えるために、いろいろと見本を見せてもらったのですが、たくさんありすぎてどれがいいのか分からなくなってしまいました。住宅会社のインテリアコーディネーターさんが、「好きな色でいいのですよ、組み合わせはアドバイスをさせていただきます」と言ってくれました。

 

基本的には落ち着いた雰囲気の家にしたいと思っているので、白の壁にすることにしました。でも白にも何種類も色と、タッチがありまして、私たちはアドバイスを聞きながら、汚れの目立ちにくい、消臭作用もあり、防カビの機能もある壁紙にしました。

 

今の時代の壁紙はいろいろな機能が入っているのに驚きました。ただの壁紙ではなく、触っても、ほんとに木の感触がしたり、塗り壁のような触り心地だったりするので、いろいろな家に対応しているのです。

 

うちは和風の家なので、塗り壁風の壁紙にしました。割りと大柄の塗り跡のある柄です。細かい柄だと、でこぼこの多く、汚れが奥にくっついて、取れにくいという体験談をしてくれたので、小さい子供もいるので、掃除のしやすい壁紙にしました。