我が家の壁紙とインテリアはモノトーン調にしていますが、
それでも柄物が欲しくなることがあります。
ストライプや縞柄、ドット模様など、それらもモノトーンでさえあれば
部屋に溶け込むと思っていたのですが、それは間違いでした。

一度、細いストライプ柄の花瓶と大きめのドット柄のオブジェを買い、
部屋に置いてみると、細いストライプ柄の物が浮いて見えたのです。
それはうちのインテリアのほとんどが、柄があっても大きめの柄だったからで、
柄が細かいと見た目に差が出てしまうという感じでした。
それからというもの、雑貨に柄が入る場合は柄の大きさに
統一感を持たせるように注意しました。
例えば、ストライプとドットそれぞれの雑貨を買うなら、
ストライプに対してドットが小さすぎないようにしたり、
ストライプが細すぎない物を選ぶようにしたりしました。

そのようにして揃えていくと、
部屋の印象がまとまって見えるようになりました。
最近では少し色物も取り入れ始めましたが、
そこでもその決まりは守るようにしています。